事業モデル

カジュアルダイニングスパ

都市型温浴施設の主流のスーパー銭湯の次の形態をイメージしたものです。飲食に対 する広範で深いニーズに応え、カフェ機能や、レストラン等の飲食サービスをより充実 させ、食でも特徴を出した温浴施設です。

温浴のついでに食事をするのではなく、食事を目的に温浴やスパを利用する。温泉旅館のように、食と浴が同等かより食の方が上に位置づけられ、施設のコンセプトにもマッチした飲食サービスが提供される温浴施設です。

このページの先頭へ戻る