実績紹介

上野原市「新湯治場・秋山温泉」

上野原市「新湯治場・秋山温泉」

旧秋山村現上野原市で地域住民の健康と地域産業と観光の振興の為に平成7年に建設されました。設計は代表者の河野好高が監修し、温泉の開発から開業迄の運営コンサルも行いました。その後、村での直営体制が続きましたが、平成17年4月より指定管理者制度に基づき平成19年4月から平成25年3月までの6年間、当社が全館の運営を行いました。施設は豊富な温泉を活用し、内風呂・露天風呂、屋内外のスパプール含め、スイムエリアを除き全て温泉が導入されています。

当社が独自に開発したソフトな岩盤浴の導入や、五行整体など、心と体を癒すめたの数々のサービスを行い、改修工事による施設イメージの変更、飲食サービスの充実なども図られていました。

開業日 1996年
施設名 新湯治場・秋山温泉
所在地 山梨県上野原市
施設規模 約2600㎡
施設内容 温泉・スパプール・サウナ・レストラン・整体・岩盤浴・売店・休憩室
業務項目 温泉開発・運営計画・設計監理・開業指導・運営受託
秋山
秋山
秋山
秋山
秋山
秋山
このページの先頭へ戻る